画像

W211 エアコン修理

 (エアコンの冷えが悪い)との事でご入庫された車両です。テスターでの診断では故障メモリーは無。
実測値上の冷媒圧力もそこそこ上がっている。マニホールドゲージを接続して各圧力を測定。低圧3.8br 高圧10br 外気温度がさほど高く無いので明らかに異常とは判断しにくいが低圧が高すぎ。。
冷媒の充てん量が適量であるか不明であるがゲージの指針で判断すると「コンプレッサーの出力不良」と判断。レシーバードライヤーと共に交換、冷媒を規定量充てんして作業完了。。と思いきや、ブロアースピードが低いと冷えるがスピードを上げていくとエバポ温度が上昇して冷えない??
ほかに考えられる原因としては、電気的なコントロールの問題、あるいはラインの詰まり。最近のコンプレッサーは可変容量タイプの為診断が難しいが配線図を確認しながらメーカーのテストステップを実施するが問題なし。「詰まり」といえば先ずは当然の様にエキスパンションバルブを交換。。
しかし症状は改善せず!!。。。。。。。まいりました。
あとは他のラインの詰まり??必ず原因が有るはず、、と思いながら各ラインは外して目視確認。
ここまでやると流石にめげてきます。

あ”- 見つけました。↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 低圧ライン
見つけました低圧ラインを外して覗いてみると 何か異物が、、
切り開いてみるとホース内のコーティングがはがれてラインを潰していました。
30年修理してますが、これは、、参りました

エアコンが効きにくい、嫌なにおいがするなどの問題も当社なら解決可能です。エアコンガスの補充だけでも効きが蘇ることも。エアコンのトラブルは燃費にも影響する場合もあります。(夏場は燃料も冷やして気化を防ぎます)

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!